ゴルフブログ

あなたのパターの姿勢は合っていますか?これを使えば理想の姿勢が手に入る!

毎回正しい姿勢でパターが出来ていますか。COSSPUTTを使った理想の姿勢の作り方を教えます。

1.いつも正しい姿勢でパターが出来ていますか?

ゴルフで最も使うクラブ。

それはパターです。

ゴルフのスコアの半分から3分の1はパット数が占めていますが、パットは特別な力もいらなければロブショットの様な高等テクニックもいりません。

同じアマチュアの間でもパット数に大きな差があるのは、
①メンタル面の問題
②正しい姿勢でパッティングしていない
この2つです。

正しい姿勢でパッティングが出来ていない理由にはこれらがあります。
・手の位置が悪い
・体が起き上がったり、前傾になっている。
・ボールと目線の位置があっていない
・パターと足の位置が定まらない
・フェイスの向きが合わない。

「そんなこと言われなくてもわかっている」、「やっているつもりだ」

分かります!でも頭では分かってはいるがなかなか出来ないのがパターです。

しかし、これらのことが目に見て分かるようになれば格段にスコアが良くなると思いませんか。

姿勢の事を考えずにあとは距離感、ストロークにだけ集中すれば良いのです。

2.COSSPUTTを使った理想の姿勢の作り方

理想の姿勢を作るには3つ順序を守るだけ

1.パターの底面をグリーンに合わせて水平に置く
2.フェイスを打ち出したい方向にスクエアにセットする。
3.足の位置を調整しながら視線と2本のラインが重なるようにする。

ものすごく簡単だと思いませんか。

目に見えて正しいセットアップである事が分かるので、平常心でパッティング出来る様になります。

本当なのかと思う人も多いと思いますが本当にこれだけなんです。

画像と動画でも解説していますので是非見てください。

「CROSSPUTT stealth 2.0」は、パター上の2本線を合わせるように見下ろすことで、正確なセットアップで再現性の高いパッティングができる


体が起き上がっていたり、アドレスが悪い場合は2本のラインが合いません。セットしたパターを基準に立ち位置を調整、正しい姿勢をとれば2本のラインが重なり、毎回理想の姿勢でパッティング出来る様になります。


分かりやすい動画での説明

3.三角構造で広いスイートスポットを確保

ネックパターとセンターシャフトパターの利点を組み合わることで、センターシャフトの敏感なインパクトの問題を解決します。
CROSSPUTT stealth2.0があれば、ショットにばらつきがあっても、安定したストロークを実現しました。